有限会社 片桐工務店|一般木造住宅|デザイン設計事務所|リフォーム|住宅融資相談|その他住宅関連業務|群馬県利根郡

 
  • TOP  > 
  • 県産材の重要性
 

県産材を使う意味

県産材を使う意味
 
   
【県産材とは?】

県内で育った原木であり、さらに県内で製材した木材のことです。
 
【県産材を使って守るもの】

近年の住宅では外材(外国産)を使う住宅会社が非常に多くみられます。
それは外材のほうが仕入単価が安く容易に手に入る事が理由なのです。
しかし、最近では環境問題等の理由により県産材の見直しがされているのをご存知でしょうか?
単純に「県産材を使います」というと「木を伐採することは環境上良くないのでは?」と思われますよね。しかし、それは間違いなのです。
冒頭でお話ししたように今では外材を使う住宅会社がほとんどで、国内産の木材を使う住宅は少なくなっています。それが原因で国内の森林は間伐による整備が進まず荒廃してきているという事が現状なのです。
陽の入らない森は木がきちんと育たずに環境が安定しない為、そこで暮らす動物達にも多大な影響を与えています。
木は伐採しても再び植えれば森林が回復する「再生可能な資源」です。
木が成長する量の範囲で木材を利用し、植えれば森林がなくなることはありません。
また植えられた若い木は成長が旺盛で、CO2(二酸化炭素)をどんどん吸収して新しい酸素をつくります。
さらに伐採された木は建築資材や木工用品として使用することでCO2を貯留するとともに、CO2の排出抑制につながり、地球温暖化防止にも貢献するのです。
   
知ってほしいこと
皆様へ伝えたいこと

片桐工務店は創業以来、群馬県産材を使った家づくりにこだわり続けてきました。
これからお話しする事を聞いて頂ければ皆様にも納得して頂けるかとおもいます。
 
私たちが県産材にこだわった理由とは・・・
 
県内で育った木は、地域の春夏秋冬という環境の中で強く育ち、その風土を知り尽くしています
だからこそ県産材を使うことで地域に合った耐久性を持つ家づくりを行なえて地域の環境にも貢献できるからなのです。
   
地域に合ったお住まいを
単純な理由かもしれませんが、これは家づくりを行なう為に非常に重要なことです。
建物の要である構造材(柱・梁等)に県産材を使うことで建物を長持ちさせ、自然環境に負けない安心の家づくりが行えるのです。
片桐工務店ではこのようなこだわりを持って県産材を使用しています。
そして、皆様に安心できる県産材住宅を安価でご提供できるように、木材の大量仕入なども行いコストダウンにも取り組んでおります。
さらには県より【ぐんま優良木造住宅建設業者】の認定も受けており、群馬県内で行われている「ぐんまの木で家づくり支援事業」を利用して住宅建築の為の助成金をお客様が受ける事が可能になっています。
これから家づくりを行なうかたは、失敗しない家づくり・環境問題のためにも県産材を使った家づくりを心掛けましょう。
有限会社片桐工務店
〒378-0103
群馬県利根郡
川場村中野47番地
TEL.0120-51-2474
───────────────
・一般木造住宅
・デザイン設計
・リフォーム
・その他住宅関連業務
───────────────
<<有限会社片桐工務店>> 〒378-0103 群馬県利根郡川場村中野47番地 TEL:0120-51-2474