有限会社 片桐工務店|一般木造住宅|デザイン設計事務所|リフォーム|住宅融資相談|その他住宅関連業務|群馬県利根郡

 
  • TOP  > 
  • パッシブという発想
 

パッシブという考え方

パッシブという考え方
 
片桐工務店の“自然と共に暮らす”とは何なのか?
これにはパッシブ【Passive】という言葉がキーワードになっています。
パッシブとは直訳すると受動的という意味があり、身近なもので例えるならお正月にする凧揚げや天気の良い日に外に干す洗濯物などがパッシブの在り方の一例になります。
逆に空を飛ぶ飛行機や乾燥機を使って乾かす洗濯物などはパッシブの反対語でアクティブという言葉にあたります。
これら二つの内容を比べて頂くとわかるようにパッシブとは「自然のエネルギーの恩恵をそのまま利用して地球環境にも影響を及ぼさない」という考え方なのです。
私たちの取組む家づくりはこのパッシブという在り方を追求して“自然と共に暮らす”カタチを皆様にお届けしているのです。
 
 
   
住宅に起きている矛盾
現在の住宅は家の中をとにかく密閉してエアコンなどの機械設備の効率を上げて省エネ化を図れるかが重要視されている「閉じて使う家」が主流になっています。
しかしこれだけに目を向けた家づくりを行なってしまうと、自然環境と生活空間は切り離され各々が独立してしまい、いわば閉じた箱の中で人間が生活しているような状態をつくってしまうのです。
 
これは決して良い事ではなく様々な弊害を生み出します。
例えば住んでいるご家族やお子様の体の免疫力の低下や、閉め切ることで室内に滞留する浄化されない空気または細菌などの繁殖等々、そして違う観点から見れば弊害に対応すべく取付けられる多額の付帯設備による住宅単価の上昇・・・
皆様はこのような住宅の流れに矛盾を感じませんか?
わざわざ大金をかけてまで自然と人間を切り離すことは正しいのでしょうか。
   
人と自然を結ぶ
私たちが取組むのは人間と自然を繋げて健康かつ快適かつエコな暮らしができる「閉じても開いても使える家」というものです。具体的には前述に述べたパッシブという在り方をもとに住宅計画を行います。
例えば屋根の庇(ヒサシ)を長くする事で得られるメリットをご存じでしょうか。
日本は四季があり季節により太陽の高度が変わります。夏の高度は高く、冬は低いという条件を利用して屋根の庇を長くすることで、夏場は庇が日傘代わりになり窓から侵入する熱気を緩和して、冬場は高度が低いので窓から直接暖かい日差しを室内に取り入れてくれます。
そして室内の空間に吹き抜けなどの高低差をつけて風の抜け道をきちんと計算してつくれば夏場でもエアコンに頼らず涼しい風が室内に通り抜け快適に生活ができるのです。
さらに自然と接する事でご家族や大切なお子様の健康も守るのです。
実はこのような工夫方法は他にもたくさんあり設計する人間の知識が大きく影響してきます。
パッシブという暮らしで得られるものは私たちに必要なものばかりなのです。
 
   
本当の家づくり
私たち片桐工務店はこのようにパッシブ住宅に取組み人間と自然が触れ合える接点をたくさんつくる事こそがとても大事なことだと考えています。
ここでは一例の紹介だけで全てをお話しすることは難しいのですが、一般的な家づくりの情報だけに惑わされず、物事を見る観点を少しでも変えることが非常に重要です。
わざわざ多額な資金投資で設備をつけて高い住宅を購入せずとも、安価でたくさんの創意工夫を行なうことでご家族やお子様の将来を守りずっと笑って過ごせる快適な暮らしを行なえるのです。
 
私たちの“自然と共に暮らす”というテーマはいつの時代も変わらず皆様の生活と関係している事なのです。 
 
有限会社片桐工務店
〒378-0103
群馬県利根郡
川場村中野47番地
TEL.0120-51-2474
───────────────
・一般木造住宅
・デザイン設計
・リフォーム
・その他住宅関連業務
───────────────
<<有限会社片桐工務店>> 〒378-0103 群馬県利根郡川場村中野47番地 TEL:0120-51-2474