本文へ移動

森林からのプレゼント

現在ではデザイン・設備等のみを重視して新建材を多用した住宅が増えてきています。
しかし、人間は本来どのような環境で生活してきたのでしょうか。
そして本当に人間に必要なものは何なのでしょうか?
【木が私たちにもたらす“モノ”】

お客様が当社の建築した建物に入ると「木はいいですね!」とおしゃってくれます。
普通に考えると見た目や雰囲気の事かと思いますが、実は知らないうちにお客様自身が感じとった感覚が言葉に出ているのです。
 
【フィトンチッド】

木はフィトンチッドという精油成分を発散する性質をもっています。
例えばハイキングしたり森林を楽しんでいると清々しい気分になりますよね。これらは木が発散しているフィトンチッドを人間が浴びることで得られる爽快感なのです。私たちの家はこれを利用します。
天然の無垢材を室内に使う事で住んでいる方へのリフレッシュ効果をもたらします。
さらに自律神経の安定や快適な睡眠を得られるというデータも出ています。
その他にも木は様々な力で私たちを助けてくれます。
 

自然の殺菌効果

近年アレルギーの原因としてダニやハウスダストが問題になっています。
木は自然の中で育つため、外敵から身を守る手段としてフィトンチッドを利用しています。
この性質を室内に利用することでお部屋の中の防腐・殺菌効果を始め、家ダニの防虫にも効果が得られます。
これらを活用することでクリーンな空間でお子様の成長を見守れます

自然の加湿・除湿効果

木は常に空気中の湿気を吸ったり吐いたりして呼吸をしています。
梅雨時期には湿気を吸い込んで、冬の乾燥期には湿気を吐き出してくれて調湿効果を生み出します
TOPへ戻る